2005年12月01日

カナダ:15歳少女、キスで死亡 ピーナツアレルギーで

 カナダ・ケベック州で、15歳の少女(15)が11月19日、ボーイフレンド(16)とキスをした直後、ぜんそくのようなショック状態となり、4日後に死亡した。

 AP通信などによると、少女は極度のピーナツアレルギーで、それを知らずにボーイフレンドはキスの前にピーナツバターを塗ったサンドイッチを食べていたという。

 ピーナツアレルギーは、じんましんや、血圧の低下、呼吸困難を伴う顔やのどの腫れを引き起こす。ごく微量のピーナツでもアレルギー症状を発症する可能性があり、全米で毎年50〜100人程度が死亡しているという。【デジタルメディア局】

毎日新聞 2005年12月1日 16時34分

驚愕な事件だったのでピックアップしてみましたがく〜(落胆した顔)

こんな事にならないように、キスの前にはしっかり歯磨いとくように!!
posted by いくる at 21:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ピーナツアレルギー、15歳少女キスで死亡
Excerpt: 「ピーナツアレルギー、15歳少女キスで死亡」に関連するブログ記事から興味深いも...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/health
Tracked: 2005-12-01 23:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。